広島校について

文化服装学院 広島校について

広島校は、東京校と同様、レベルの高いファッション教育により、西日本の拠点として、すぐれた人材育成に努めます。

2008年に、文化服装学院86年の歴史上、初めての直営校が広島に誕生しました。 東京校が永年培ってきたファッション専門教育のノウハウ、蓄積した膨大な服飾資料、文献をはじめ、ファッション産業界との強い信頼関係などをベースに、新しいファッションの専門学校を広島に開校しました。広島をはじめ、西日本のファッションに関心を持たれているすべての方々が、文化服装学院のオリジナルカリキュラムによるファッション専門教育により学んでいただきたいと思います。

index_p2

また、東京校が誇る日本で有数の服飾関係の蔵書を持つ図書館、古今東西の歴史的価値を持つ服飾所蔵品を有する文化学園服飾博物館をはじめ、2万点以上のコスチュームを保存しているコスチューム資料室、数千点のテキスタイルを収集しているテキスタイル資料室、パリ、ミラノ、をはじめとする世界のコレクション情報など、ファッション専門教育に欠かせない資料、データなどが広島校の学生も利用できるようになります。そして、広島校で2年間学んだあとは、東京校へ編入、進学ができます。就職においても広島だけではなく、東京での就職も可能になります。広島校は東京校と強い連携を持ち、西日本から世界へ羽ばたくファッションクリエーターやさまざまなファッションビジネスシーンで活躍する優れた人材を育成したいと考えています。

お問い合わせ先
専門学校 文化服装学院 広島校
〒730-0012 広島市中区上八丁堀7-15
TEL 082-502-2511(代表)
受付時間 平日(月~金)9:00~17:00